コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EOS I.C.S.(読み)いおす いんてくれいてつと くりいにんく しすてむ,いおす いんてぐれいてっど くりーにんぐ しすてむ

カメラマン写真用語辞典の解説

EOS I.C.S.

 EOS Integrated Cleaning System の略。EOSインテグレイテッドクリーニングシステムとも書く。ゴミやホコリをメカニカルに除去する機構のみならず、ゴミを「出さない/付けない/残さない」をテーマにした、総合的なダスト対策のことを指す。キヤノンのEOS Kiss Digital Xにはじめて採用され、その後、プロフェッショナルモデルのEOS-1D Mark III にも採用が進んだ。これから登場するキヤノンEOSデジタル一眼のスタンダードになると思われるシステムだ。  「ゴミ・ホコリを出さない」では、カメラ内部にゴミ・ホコリの出にくい機構・素材を採用。その発生から予防することで、ダストによるトラブルを防止する。  「付けない」では、ローパスフィルターに帯電防止処理を施すことで、静電気ゴミの付着を防止。  「残さない」では、付着したゴミを超音波振動で振るい落とす「セルフクリーニングセンサーユニット」を採用。これはCMOSセンサー前面のローパスフィルターに超音波振動ユニットを装着。付着したダストを超音波による振動で振るい落とす方式。光学性能の低下がなく、ユニット自体がコンパクトなのが特長。電源スイッチの入/切のタイミングで自動的に作動、メニュー操作で任意に作動させることもできる。  さらに、粘着性が高く、除去しきれないゴミは、「ダストデリート機能」で目立たなくする。センサークリーニングを実行してから、赤外カットローパスフィルターの表面に残ったゴミの位置をCMOSセンサーで検出し、ダストデリートデータとして取得・保存。このデータが付加された画像(RAW画像、JPEG画像)であれば、付属のRAW画像閲覧・編集ソフトウエア「Digital Photo Professional 2.2」のコピースタンプツールを起動し、ダストデリートデータ適用ボタンを押すだけで一括処理できるというシステムだ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android