コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EOS I.C.S. いおす いんてくれいてつと くりいにんく しすてむ,いおす いんてぐれいてっど くりーにんぐ しすてむ

1件 の用語解説(EOS I.C.S.の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

EOS I.C.S.

 EOS Integrated Cleaning System の略。EOSインテグレイテッドクリーニングシステムとも書く。ゴミやホコリをメカニカルに除去する機構のみならず、ゴミを「出さない/付けない/残さない」をテーマにした、総合的なダスト対策のことを指す。キヤノンのEOS Kiss Digital Xにはじめて採用され、その後、プロフェッショナルモデルのEOS-1D Mark III にも採用が進んだ。これから登場するキヤノンEOSデジタル一眼のスタンダードになると思われるシステムだ。  「ゴミ・ホコリを出さない」では、カメラ内部にゴミ・ホコリの出にくい機構・素材を採用。その発生から予防することで、ダストによるトラブルを防止する。  「付けない」では、ローパスフィルター帯電防止処理を施すことで、静電気ゴミの付着を防止。  「残さない」では、付着したゴミを超音波振動で振るい落とす「セルフクリーニングセンサーユニット」を採用。これはCMOSセンサー前面のローパスフィルターに超音波振動ユニットを装着。付着したダストを超音波による振動で振るい落とす方式。光学性能の低下がなく、ユニット自体がコンパクトなのが特長。電源スイッチの入/切のタイミング自動的に作動、メニュー操作で任意に作動させることもできる。  さらに、粘着性が高く、除去しきれないゴミは、「ダストデリート機能」で目立たなくする。センサークリーニングを実行してから、赤外カットローパスフィルターの表面に残ったゴミの位置をCMOSセンサーで検出し、ダストデリートデータとして取得・保存。このデータが付加された画像(RAW画像、JPEG画像)であれば、付属のRAW画像閲覧・編集ソフトウエア「Digital Photo Professional 2.2」のコピースタンプツールを起動し、ダストデリートデータ適用ボタンを押すだけで一括処理できるというシステムだ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

EOS I.C.S.の関連キーワードEOSIDPISDBSISDBTBIMISSBTVDSIOP電子発注システムMMICEFレンズ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone