コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ERIA イーアールアイエーERIA

世界大百科事典内のERIAの言及

【オサラン】より

…日本南部,暖帯林の樹皮に着生する小型のラン科植物。和名は,並んだ偽球茎を織機の筬(おさ)にたとえたもの。偽球茎があり連なる。春,古い偽球茎の先に新しい偽球茎をつけ,葉を2枚展開する。葉は狭長楕円形で,長さ5~8cm,冬に脱落する。6~7月に葉間より花茎を出し,通常1~2花をつける。花は唇弁を除き白色,半開し,直径約1cm。背萼片は長さ約8mm。側萼片は基部が3~4mmの顎になる。唇弁は広いくさび形で3裂し,中裂片は黄色い。…

【ラン(蘭)】より

…(1)熱帯アジア地域 インドからオーストラリアにわたる広い地域で,中心はフィリピン,タイ,インドネシアなどの東南アジアの熱帯降雨林の地帯である。ファレノプシス(コチョウラン),シンビジウムデンドロビウムパフィオペディルムセロジネ,エリアEriaバンダアスコセントルム,カランセCalanthe,リンコスティリスRhynchostylis,レナンセラRenantheraエリデス,ツニアThuniaなど,着生ランが多い。(2)熱帯アメリカ地域 メキシコ,フロリダより南で,ウルグアイ,パラグアイより北で,ブラジルが中心となる。…

※「ERIA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ERIAの関連キーワード東アジアASEAN経済研究センターティベリアス湖蠅寄生脚太小蜂片穂牛の毛草SHM蜂の巣綴蛾SATA2黄脚太小蜂黄糸蜻蛉横縞針蠅琉球石斛腰赤透翅骨擬芥虫羅背板草羅西板草腰細蜻蜒加良牟自黄色潜蛾加良无之SATA

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ERIAの関連情報