コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EVF イーブイエフ EVF

2件 の用語解説(EVFの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イー‐ブイ‐エフ【EVF】[electric viewfinder/electronic viewfinder]

electric viewfinderelectronic viewfinder》デジタルカメラやビデオカメラのファインダーの一。イメージセンサーが捉えた画像をファインダー内の小型液晶画面などに電子的に投影する。電子ビューファインダー。電子ファインダー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

EVF

  ファインダー が光学式ではなく電子式になっていて、写りつつある画像を確認できる電子ビューファインダー。具体的には 撮像素子 からの出力を小型の透過型 液晶モニター に映し出して、ファインダー内に表示するものである。  利点としては、ホワイトバランスなどがわかる、露出補正が映る画像に反映される、リアルタイムヒストグラム などを表示できる、などがある。半面、最終的なピントがよく見えない、ざらつき感がある、動体に対する追従性が悪いなどの欠点もあげられている。追従性は画像の書き換え速度を毎秒30コマから60コマへと高速化することで、あるていどカバーしている。  EVFは、もともとコンパクトデジタルカメラで、高倍率ズームレンズを装着した機種は光学式ビューファインダーでは視覚の調整がむずかしいため導入されたものである。そして、現在では倍率がそれほど高くないコンパクトデジタルカメラにもEVFが採用されている場合がある。また、将来的にはレンズ交換式カメラにもこのEVFが採用されることも考えられる。  EVFのもうひとつの特長は、撮像素子から電気的に画像を送っているため、ミラーなどの光学系が必要ない。このために、撮像素子で、EVF、像面AF、ホワイトバランス、AEとすべてを集中制御することが可能である。また、外から入るゴミなどに対しても構造的に強いことがあげられる。外側の液晶モニタと比べると画素数が少ないためピントが見にくいが、液晶モニタを上まわる90万画素以上のEVF付きデジタルカメラも発売されている。写真はニコンCOOLPIX5700のEVF。18万画素の0.44型高温ポリシリコンTFT液晶が収められている。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

EVFの関連キーワードファインダーレンジファインダー電子ビューファインダー電子ファインダー光学ファインダーアイレベルファインダーOVFオプティカルファインダー光学式ビューファインダー光学式ファインダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

EVFの関連情報