FRAD(読み)えふあーるえーでぃー(英語表記)Functional Requirements for Authority Data

図書館情報学用語辞典の解説

FRAD

書誌的記録の機能要件であるFRBRの拡張として,FRBRで第2グループとされた典拠レコードに記録される典拠データの構造を実体,実体の属性,実体間の関連,利用者タスクにより概念モデル化したもの.「典拠データの機能要件」ともいう.国際図書館連盟の研究グループが,利用者のニーズに基づいた典拠データの枠組みを提供することを目的として検討・分析された成果で,2009年に最終報告が発表された.FRBRで定義された書誌的実体に,新たに「家族」を加え,また「統制形アクセスポイント」という概念を導入して,書誌的実体との関係を構造化して示している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android