コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GMP ジーエムピーGMP

デジタル大辞泉の解説

ジー‐エム‐ピー【GMP】[good manufacturing practice]

good manufacturing practice》医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準。WHO等の国際機関や各国の規制当局が策定している。→PIC/S
[補説]日本では「医薬品及び医部外品の製造管理及び品質管理の基準」などの名称が用いられ、他に「医薬品適正製造基準」などの訳語がある。「cGMP」は「current GMP」の略で、「現行GMP」の意。特に、米国で現在適用されているGMPをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

GMP【ジーエムピー】

Good Manufacturing Practiceの略で,医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のこと。1968年に世界保健機関(WHO)がGMPの制定を決議し,1969年に各国に勧告した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

GMP

〖Good Manufacturing Practice〗
医薬品適正製造基準。世界保健機関が 1969 年に勧告した医薬品の製造および品質管理に関する基準。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のGMPの言及

【医薬品】より

…薬のある種の副作用については,世界保健機関(WHO)を中心に国際協力体制がつくられている。
【GMPからICHまで】
 アメリカ食品医療品局(FDA)は,1963年,GMP(Good Manufacturing Practiceの略。〈医薬品の製造と品質管理に関する基準〉)を制度化した。…

【製剤】より

…それで製剤にあたっては用法の開発,速効性,遅効性,持効性,副作用の軽減,バイオアベイラビリティの改良,味・におい・刺激性の改良による服用のしやすさ,さらに物理化学的な安定性,含量均一性,溶出性,温度・湿度・光・微生物など外的因子による影響の防止など,有効性その他を高めるための品質確保にくふうがなされている。製剤工場では〈医薬品の製造と品質管理に関する基準good manufacturing practice(GMPと略記)〉に基づいて医薬品の製造がなされている。GMPの内容は,(1)人為的な誤りを最小限にする,(2)医薬品に対する汚染や品質変化を防止する,(3)高度な品質を保証するシステムを設計する,という3点で,いずれもソフト面,ハード面に分けて高度な作業基準が定められている。…

※「GMP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

GMPの関連キーワードGood Manufacturing PracticeGood Manufacturing PracticecAMPホスホジエステラーゼグアニル酸シクラーゼグアノシン三リン酸サイクリックGMP資源カルテル環状GMP一酸化窒素グアニル酸環状AMPロドプシンバギーランイグナロPICS核酸発酵GCP強精剤ムラド試薬

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android