コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GPS気象学 GPSきしょうがく/じーぴーえすきしょうがくGPS Meteorology

知恵蔵の解説

GPS気象学

GPS(全地球測位システム)を利用する気象学の分野。電波が大気中を通過する時、大気中の水蒸気、気温によって電波の伝播速度に遅れが生じ位置測定に誤差を招く。これを逆に利用して、電波の遅れ(大気遅延量)から大気中の水蒸気量(可降水量)を推定し、雨量予報などの精度を向上させる。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

GPS気象学の関連キーワード測位衛星みちびきGPSラジオゾンデ準天頂衛星システムDGPSコンパス(羅針盤)AGPS位置情報ジオタグ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android