ISBD区切り記号(読み)あいえすびーでぃーくぎりきごう(英語表記)ISBD punctuation

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説によれば,「区切り記号法」とは,“ISBDに基づき,書誌記述において書誌的事項それぞれの前に置く一定の記号で,一般の句読法とは別にその用法を定めているもの”と定義される.各書誌的事項(エリアと書誌的要素)の前に置く記号,または取り囲む記号で,個々の書誌的事項を判別する手がかりとなるものである.国際標準書誌記述は,国際的な書誌的記録の交換を促進するために,区切り記号を導入した書誌記述を提唱した.それに応じて各国の標準目録規則も,区切り記号を取り入れている.RDAおよび『日本目録規則2018年版』は,規定対象を書誌的事項の記録の範囲と方法に限定しているため,区切り記号法を定めていない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android