J.R. リュードベリ(英語表記)Johannes Robert Rydberg

20世紀西洋人名事典 「J.R. リュードベリ」の解説

J.R. リュードベリ
Johannes Robert Rydberg


1854.11.8 - 1919.12.28
スウェーデン物理学者
ルンド大学教授。
ハルムスタード生まれ。
ルンド大学で学び、数学学位を取得し、1880年ルンド大学数学講師を経て、1882年物理学の講師にかわり、1901年ルンド大学正教授となる。1890年スペクトル系列に関するバルマーの公式を一般化してリュードベリの公式を導くとともに普遍定数リュードベリ定数を見いだす。又、1896年シュスターとは独立にリュードベリ・シュスターの規則を発見し、リッツ結合原理先駆をなす。分光学の開拓者である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android