コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JUNET じぇいゆーねっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

JUNET

日本の大学や研究機関を結ぶ研究用ネットワーク。1984年10月に実験を開始し、最終的に約700の機関を結ぶネットワークに成長。通信プロトコルとしてUUCPを用い、UNIXをベースとしたネットワークで電子メールの交換を行った。WIDEプロジェクトの設立などを受けて実験ネットワークとしての役割を終え、1994年10月に消滅した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジュネット【JUNET】[Japanese University Network]

Japanese University Network》日本国内の大学や研究機関を結ぶコンピューターネットワーク。日本におけるインターネットの起源に相当する。昭和59年(1984)、東京工業大学、慶応義塾大学、東京大学を接続して運用実験が始まり、後にTCP/IP接続によるインターネットが普及し、平成6年(1994)に実質的な運営を停止した。ジェーユーネット。

ジェーユー‐ネット【JUNET】[Japanese University Network]

Japanese University Network》⇒ジュネット(JUNET)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

JUNET
ジュネット
Japan University Network; Japan UNIX Network

日本で最初に始まった学術情報コンピュータ・ネットワーク。ジェーユーネットともいう。1984年10月に東京工業大学助手の村井純が,東京工業大学,東京大学,慶應義塾大学のそれぞれのコンピュータの間を電話回線で結んだネットワーク構築の実験を始めた。基本的にはホスト局がないボランティアベースのネットワークで,利用者同士の情報交換を行なうための電子メールとニュースを UUCP; UNIX to UNIX Copy Protocolと呼ぶユニックスに付属する通信手段(プロトコル)で転送していた。1989年にはアメリカ合衆国の国立科学財団 NSFのネットワークである NSFNETに接続され,国際的な使用が可能となり,最終的には 500近い組織を結ぶネットワークとなった。1988年プロトコルにインターネット標準の TCP/IPを使った WIDEプロジェクトが発足し,1994年 JUNETは解散した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

JUNETの関連キーワード日本コンピュータ史(年表)学術情報ネットワークジュネット

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android