K.M.G. シーグバーン(英語表記)Karl Manne Georg Siegbahn

20世紀西洋人名事典の解説

K.M.G. シーグバーン
Karl Manne Georg Siegbahn


1886.12.3 - 1978.9.25
スウェーデンの物理学者。
元・ストックホルム大学教授。
エレブロ生まれ。
ルンド大学でリュードベリの助手を務め、1911年博士号を取得。’20年同大学教授となり、以後、ウプサラ大学教授を経て、’37年に王立科学アカデミーがストックホルムに創立したノーベル物理学研究所の初代所長に就任、同年ストックホルム大学教授も兼任。また、国際度量衡委員会委員も務めた。この間’21年には真空分光器の発明などX線分光学の実験的基礎を築き、X線スペクトルのM系列の発見により、’24年ノーベル物理学賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android