コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

K2 ケーツー

4件 の用語解説(K2の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

K2
ケーツー

カラコルム山系中部,パキスタンと中国のシンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区との国境地帯にある世界第2位の高峰。標高 8611m。ゴドウィンオースティン氷河 (バルトロ氷河の支流) の右岸に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケー‐ツー(K2)

カラコルム山脈測量番号2号の意》カシミール北部、カラコルム山脈にある、世界第2の高峰。標高8611メートル。1954年、イタリア隊が初登頂。ゴッドウィンオースチンチョゴリ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

K2【ケーツー】

カラコルム山脈の最高峰で,世界第2位の高峰(8611m)。名は〈カラコルム2号〉を意味する測量記号。バルーチ語ではチョゴリ山。花コウ片麻岩の三角錐状。1954年7月,イタリア探検隊が初登頂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

K2

〖Karakorum No.2〗 〔測量記号で、カラコルム 2 号の意〕
カシミール北部、パキスタンと中国の新疆ウイグル自治区との国境に位置し、カラコルム山脈にある世界第 2 位の高峰。海抜 8611m。ゴドウィン-オースチン。チョゴリ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

K2の関連情報