コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LH比 えるえいちひ

1件 の用語解説(LH比の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

LH比

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)の割合のこと。LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値で算出される。2014年4月現在、日本では「LDLコレステロール値が140mg/dl以上」または「HDLコレステロール値が40mg/dl未満」の場合、治療が必要とされている。しかしこの基準値の範囲内であっても、LH比が2.0を超えると動脈硬化の可能性があり、さらに2.5を超えると心筋梗塞などのリスクが高くなるため投薬治療が必要と言われている。LH比は、「他に病気がない場合には2.0以下」「高血圧や糖尿病を患っている場合、または心筋梗塞などの前歴がある場合には1.5以下」が望ましいとする病院が増えている。

(2014-4-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LH比の関連キーワードステロール悪玉コレステロールHDLコレステロールLDLコレステロール総コレステロール小粒子LDL超悪玉コレステロール酸化LDLコレステロール総コレステロール(T-CHO)LDLコレステロール(LDL-C)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone