コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MOS型集積回路 モスがたしゅうせきかいろMOS integrated circuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MOS型集積回路
モスがたしゅうせきかいろ
MOS integrated circuit

能動素子としてMOS電界効果トランジスタを用いた集積回路で,シリコンを用いたたモノリシック集積回路の一種。双極型集積回路に比べて,動作は遅いが,素子の構造が簡単で集積度を上げやすく,安価で,大容量である。特にコンプリメンタリ型 MOSを用いたものは,消費電力が小さく,雑音に強いことを利用して,広く用いられている。 MOSICと略される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

MOS型集積回路の関連キーワード電荷転送デバイス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android