MSH(読み)エムエスエッチ

世界大百科事典 第2版の解説

エムエスエッチ【MSH】

メラニン細胞刺激ホルモンmelanocyte‐stimulating hormoneの略。動物の脳下垂体から,α,βおよびγの3種類のMSHが分離されている。α‐MSHは,下等脊椎動物で色素沈着作用をもつホルモンとして早くから知られているホルモンで,13個のアミノ酸からなり,その配列はACTHのN末端1~13に一致する。ただ,ヒトの成人ではα‐MSHは存在しない。これまでヒトにおいてメラニン細胞刺激作用をもつホルモンとしてβ‐MSH(アミノ酸22個)が提唱されてきたが,最近の検討によれば,この物質は抽出操作中にβ‐リポトロピンから生じた人工産物であることが判明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のMSHの言及

【リポトロピン】より

…単鎖のポリペプチドで,91個のアミノ酸からなるβ‐リポトロピンと,そのアミノ末端側の1~58番の58個のアミノ酸からなるγ‐リポトロピンとがある。これまで,ヒトにおいてメラニン細胞刺激作用をもつホルモンとしてβ‐MSHが提唱されてきたが,現在では,β‐MSHは抽出操作中にβ‐リポトロピンから生じた人工産物であると考えられるようになった。β‐リポトロピンは弱いながらも色素沈着作用をもつ。…

【脳下垂体】より

…中間部が発達しているのは魚類や両生類である。これらの動物では,ここからメラニン細胞刺激ホルモンmelanocyte‐stimulating hormone(黒色素胞刺激ホルモン,MSH)が分泌される。これらの動物は暗い所ではこのホルモンの分泌が促され,このホルモンが皮膚のメラニン細胞に働き,のメラニン顆粒を細胞の突起内に拡散させるので,体色が黒くなる。…

※「MSH」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android