コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NORAD のーらっど/NORAD/えぬおーあーるえーでぃー North American Aerospace Defense Command

4件 の用語解説(NORADの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

NORAD

北米大陸へのミサイルや爆撃機の侵入をいち早く探知し、警報を発する任務を持つ、米国、カナダ両国の共同組織。1958年設置。司令部はコロラド州コロラドスプリングス近郊のピーターソン空軍基地。弾道ミサイル早期警戒システム(BMEWS)、北部警戒システム、周辺探索レーダー攻撃識別システム(PARCS)、超水平線バックスキャッター・レーダー(OTH‐B)など、各種の最新電子技術を駆使した「情報の要塞」である。軍事、気象情報の収集や衛星などの追跡も行い、冷戦の終結と共に、南米からの麻薬空輸の監視・摘発などの任務も加わった。9.11事件以来、国外からの攻撃だけではなく、国内でのテロなどに対しても監視・防衛を行うことになり、グローバルな任務を担っている。

(細谷正宏 同志社大学大学院アメリカ研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノラド【NORAD】[North American Aerospace Defense Command]

North American Aerospace Defense Command》北米航空宇宙防衛司令部。米国とカナダの統合軍司令部。両国の防空・空域監視を担い、ミサイルによる核攻撃や航空機による攻撃から北米大陸を防衛する。1958年発足。司令部はコロラド州ピーターソン空軍基地にある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノーラッド【NORAD】

North American Aerospace Defence Commandの略称で,北米航空宇宙防衛軍と訳す。北アメリカ大陸を航空宇宙攻撃から防衛するためのアメリカおよびカナダの統合防空組織で,両国政府間協定に基づき防空兵力の作戦統制が行われる。組織は総司令官(米空軍大将),副司令官(カナダ軍中将),司令部機構(アメリカ,コロラド州ピーターソン空軍基地),戦闘指揮所(司令部近傍にあるシャイアン山の地下)等で構成され,実動部隊(要撃機,監視レーダー,管制センター)は両国の航空部隊が管理し,NORADの運用に供される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NORAD
えぬおーあーるえーでぃー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NORADの関連キーワード大陸間弾道ミサイル地対地ミサイルトライアド爆撃機攻撃機SNDV軽爆撃機重爆撃機戦術核と戦略核新戦略兵器削減条約(新START)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NORADの関連情報