コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OECDモデル租税条約 オーイーシーディーモデルそぜいじょうやく OECD Model Convention for the Avoidance of Double Taxation

1件 の用語解説(OECDモデル租税条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

OECDモデル租税条約
オーイーシーディーモデルそぜいじょうやく
OECD Model Convention for the Avoidance of Double Taxation

国際的二重課税を防止するため,経済協力開発機構 OECDが加盟国に勧告した租税条約モデル。個人や企業が外国で取得した所得,財産に対し,本国および相手国が独自の税制に基づいて個別に課税すると二重課税が発生し,国際的経済交流は著しく阻害されることになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

OECDモデル租税条約の関連キーワード国際二重課税租税条約二重課税制裁課税PECC経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)経済協力開発機構(OECD)国際経済協力銀行国際的二重起訴二重課税の回避のための条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone