コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OSO オーエスオーOSO

翻訳|OSO

デジタル大辞泉の解説

オー‐エス‐オー【OSO】[Orbiting Solar Observatory]

Orbiting Solar Observatory》太陽観測衛星。NASA(米航空宇宙局)が1962年から1975年にかけて打ち上げた、太陽観測を目的とした人工衛星。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

OSO【オソ】

米国の太陽観測用人工衛星。OSOはorbiting solar observatoryの略。大気圏外に出て,太陽からの可視光線,紫外線,X線,電波,コロナ,黄道光などの観測を目的としたもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のOSOの言及

【宇宙開発】より

…アメリカはエクスプローラー・シリーズによって,地球周辺のみならず地球を脱出して太陽系の空間観測も行った。さらに1960年代からはより大型の科学衛星として,OAO(orbital astronomical observatoryの略),OGO(オゴ)(orbital geophysical observatoryの略),OSO(オソ)(orbital solar observatoryの略)のシリーズを打ち上げて,天文学,地理学,太陽観測などを行った。60年前後からはタイロス,エッサのような地球を観測する科学衛星の登場とともに,人工衛星を地球上の2点間の通信のために用いる初期の通信衛星の実験も行われ,宇宙空間における科学研究を主体としながらも,同時にそのために必要な技術の生活への応用が早くも開始されていたのである。…

【宇宙開発】より

…アメリカはエクスプローラー・シリーズによって,地球周辺のみならず地球を脱出して太陽系の空間観測も行った。さらに1960年代からはより大型の科学衛星として,OAO(orbital astronomical observatoryの略),OGO(オゴ)(orbital geophysical observatoryの略),OSO(オソ)(orbital solar observatoryの略)のシリーズを打ち上げて,天文学,地理学,太陽観測などを行った。60年前後からはタイロス,エッサのような地球を観測する科学衛星の登場とともに,人工衛星を地球上の2点間の通信のために用いる初期の通信衛星の実験も行われ,宇宙空間における科学研究を主体としながらも,同時にそのために必要な技術の生活への応用が早くも開始されていたのである。…

【科学衛星】より

…この華々しい宇宙観測時代の開幕に引き続き,現在までに米ソを中心として無数の科学衛星が打ち上げられてきた。アメリカの太陽観測衛星OSO(オソ)(orbiting solar observatoryの略),地球物理研究用のOGO(オゴ)(orbiting geophysical observatory),天体観測衛星OAO(orbiting astronomical observatory),高エネルギー研究用のHEAO(high energy astronomy observatory),ソ連のコスモス,エレクトロン,プロトン,プログノズなどがこれであり,また両国の宇宙ステーション,スカイラブ,サリュート上でも太陽観測などの数々の科学観測が行われた。一方,これらの地球周辺での観測に対してアメリカのパイオニア,マリナー,ソ連のマルス,ベネラなどによる太陽系諸惑星の探査も進められてきており,近年のバイキング,ボエジャー計画はとくに有名である。…

※「OSO」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

OSOの関連キーワードorbiting solar observatoryInternet AssistantCombined MajorWindows UpdateマイクロソフトアカウントマイクロソフトオフィスIBM PC日本版COSO報告書ラウリルアルコール四酸化オスミウムインジゴイド染料ヒドロキシル化黄腹胡麻斑灯蛾パワーポイント酸化オスミウムMSウィンドウズ桑胡麻斑灯蛾小樽内川石虻信濃頬髭蝙蝠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android