コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PSEマーク PSEまーく/ぴーえすいーまーく

知恵蔵の解説

PSEマーク

2001年4月施行の電気用品安全法により、漏電などの検査で安全性が確認された電気製品に取得表示が義務付けられたマーク。製品により猶予期間が異なるが、テレビ、冷蔵庫など259品目は06年4月からマークのない製品の販売が禁じられた。中古品に関しても、2月に経済産業省が対象になるとしたため業者が反発。このためビンテージ品に限り対象外とした。またマークなしの中古品でも、所有権の移転を伴わないレンタルであれば相手に引き渡せ、安全検査を受けるまでの間、経過的にレンタルで対応できるとした。

(篠崎悦子 ホームエコノミスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピーエスイー‐マーク【PSEマーク】

《PSEは、Product Safety Electrical Appliance and Materials の略》電気用品安全法による基準に適合する電気製品に付けるマーク。特定電気用品はひし形、その他は丸のなかにPSEの文字がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

PSEマーク

電気用品安全法に基づき、製造業者や輸入業者が電化製品の安全性を自主的に検査し、問題がなければ表示できるマーク。菱形またはマルの中にPSE(Product Safty of Electricalの略)の字が入っています。
(2006/3/27掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

PSEマークの関連キーワード電気用品安全法(PSE法)を巡る経緯電気用品安全法(PSE法)PSE問題PSE法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android