コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気用品安全法 デンキヨウヒンアンゼンホウ

4件 の用語解説(電気用品安全法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんきようひん‐あんぜんほう〔‐アンゼンハフ〕【電気用品安全法】

電気用品の安全を確保するため、生産者・販売者の義務などを定めた法律。安全確認検査済みの製品にはPSEマークが付けられる。旧電気用品取締法を改正・改題して、平成13年(2001)施行。PSE法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電気用品安全法【でんきようひんあんぜんほう】

電気用品取締法に替わって,2001年4月に施行。通称は電安法,PSE法(PSはproduct safety,Eはelectrical appliancematerials の略)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

でんきようひんあんぜんほう【電気用品安全法】

電気用品による危険・障害を防止するための規制を定めた法律。製造・輸入事業の届出義務、安全基準への適合義務、適合性の検査義務、適合品に対するマーク表示義務、マークのない電気用品の販売禁止などを定める。電気用品取締法を改正して2001年(平成13)に施行。 PSE 法。電安法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気用品安全法
でんきようひんあんぜんほう

電気用品による危険および障害の発生を防止するため、その製造、販売等を規制する法律。昭和36年法律第234号。もともと「電気用品取締法」という名称であったが、1999年(平成11)に「電気用品安全法」として全面改正され、2001年に施行された。
 そのシステムは、電気用品の製造または輸入の事業を行う者に届出義務を課す。届出事業者には、届出に係る型式の電気用品を製造し、または輸入する場合においては、自主検査を行い、一定の技術基準に対して適合することを確認したら、安全確認のマーク(「PSEマーク」Product Safety,Electrical appliance & materialsの頭文字)を付けることを認める。そして、特定電気用品(危険または障害の発生するおそれが多い電気用品であって、政令で定めるもの)については、登録検査機関による適合性の審査に合格して初めて「PSEマーク」を付けることができる。この表示のない電気製品の販売は禁止される。また、届出事業者の違反に対しては、経済産業大臣は改善命令を発することができ、一定の違反があれば表示の禁止を行う。違反には最高で懲役1年(個人)、罰金1億円(法人)が科せられる。
 本法の施行に絡んで、2006年にいわゆるPSE問題が発生した。猶予期間が5年と定められていたシンセサイザーやアンプ、レコードプレーヤー、電源内蔵型ゲーム機、テレビ、電気洗濯機など259品目について、2006年4月以降はPSEマークがないと販売できなくなるとされ、2001年以前に製造されたAVアンプやシンセサイザーなどの名機をはじめとする中古品が、本法の本格施行により廃棄物になるとして反対運動が起こり、社会に混乱を招いた(中古品にPSEマークを付ける方法はあるが、製造事業者が自社で添付することが前提で、販売店がこれを行うのは、かなりの手間がかかる。なお、猶予期間が7年、10年のものもある)。
 理論的にいえば、同法施行以前に製造された電化製品も、旧電気用品取締法の規制を受けており、安全性に変わりはないから、旧法時代の製品の販売を禁止するのは、中古業者の財産権を不合理にも大幅に制限するし、廃棄物を大量に増やすことになる。こうした背景もあり、社会問題となったので、経済産業省は2006年3月、同法の運用を緩め、PSEマークのない中古家電について、当分の間、同法の対象外とした。そして、2007年末になって、経過措置を改正し、とくに期限を設けずに、旧法に基づく表示を電気用品安全法に基づく表示とみなすこととし、旧法表示が付された電気用品については、検査を要せず、そのまま販売ができるようにした。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電気用品安全法の関連キーワード安全標識セーフティーゾーンGLPセルフビレイ特定電気用品ビレーヤー消費者安全法海外安全・パスポート管理促進キャンペーン電気用品安全法(PSE法)確保者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気用品安全法の関連情報