コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PSP試験 ピーエスピーしけんphenolsulfon phthalein test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

PSP試験
ピーエスピーしけん
phenolsulfon phthalein test

フェノールスルホンフタレイン PSPという色素を用いて行う腎機能検査法。 PSPは,94%が腎臓の近位尿細管から,残りは糸球体から排泄されるので,この検査は主として近位尿細管の機能を反映する。検査の手順は,まず水 300mlを飲み,30分後に排尿する。すぐに 1ml中に 6mgの PSPを溶かした溶液を静脈注射する。そして 15分,30分,60分,120分後に採尿して色素量を調べる。注射後 15分間の排出量が重視される。 15分排出量は正常者平均で 35%であり,25%以下は病的と判定する。 120分排出量では正常者平均が 70%で,55%以下は異常とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

PSP試験の関連キーワードモンスターハンターPSPPlayStation NetworkPortable-TV小林康介出牛力関根康行佐野順子プレイステーションヴィータジュンブラット

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android