Pentium M(読み)ぺんてぃあむえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Pentium M

インテルのノートパソコン向けのCPU。開発コード名はBanias。従来の同社製ノートパソコン向けCPU「モバイルPentium」シリーズは、デスクトップパソコン向けに開発されたCPUを、ノートパソコン向けに改良したものだが、Pentium Mは、同社初の、最初からノートパソコン向けに開発された製品。電力の消耗が少ないキャッシュメモリーを大量に搭載し、電力の浪費を防ぐ構造が採用されている。また、処理する命令数を最小限に抑えるようにして、処理効率を向上させている。この製品にチップセットと無線LANチップをセットにしたものを、「Centrino」というブランド名で展開している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android