R. ラウシェンバーグ(英語表記)Roberr Rauschenberg

20世紀西洋人名事典の解説


1925.10.22 -
米国の美術家。
テキサス州ポート・アーサー生まれ。
テキサス大学などで学び、ブラック・マウンテン大学でジョーゼフ・アルバースに師事。その影響でモノクロームの作品を描く。1953年最初の個展を開催。「コンバイン・ペインティング」と呼ぶ様々のオブジェ絵画を同存させた作品を製作、美術界の注目を集める。’62年ベネチア・ビエンナーレ大賞、’65年アメリカ絵画ビエンナーレ・金メダルなど数々の賞を受ける。他にパフォーマンスなど幅広い活動をみせ、’58年の個展の時ネオ・ダダと呼ばれ、ポップ・アートの先駆者とされた。代表作に「ベッド」(’55年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android