コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SA-6 エスエーろくSA-6

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SA-6
エスエーろく

ソ連の自走式地対空ミサイル。 1967年モスクワで初めて公開された。西側のコード名はゲインフル Gainful。射程3~24km,速度マッハ 2.8,全長 5.7m,直径 34cm,発射重量 599kg,推進方式は固体燃料ロケットラムジェットの複合方式。中高度~低高度用の中距離ミサイルで,第4次中東戦争エジプトシリアが使用し,大きな効果をあげた。誘導方式は指令,セミアクティブレーダ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

SA-6の関連キーワードソ連

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SA-6の関連情報