コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SCMS えすしーえむえす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SCMS

CDなどのデジタル化された音源の不正コピーを防止する、コンテンツ保護技術のこと。DATやMDなどに広く採用されている。音楽CDから、それらの記憶媒体に記録する場合、最初の1回しか記録が行えず、その他の記憶媒体にコピーできないようにする仕組み。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐シー‐エム‐エス【SCMS】[serial copy management system]

serial copy management systemCDからMDDATまたはCD-RDVD-Rなどへのデジタルコピーを制限するDRM技術の一。デジタル音源からのコピーを1度に制限し、コピーしたメディアから別メディアへのコピーは拒否される。著作権保護のために開発された技術で、デジタル記録のできるMD、DAT、DCCなどのオーディオ機器に標準装備されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

SCMS

〖serial copy management system〗
著作権保護のため、デジタル記録されたテープからの無制限なコピーを禁じるシステム。デジタル記録装置に標準装備されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SCMS
エスシーエムエス
serial copy management system

デジタル音源からコピーしたものを,さらにコピーできないようにするデジタル管理技術。デジタル音声記録はダビング複製)を繰り返しても音質が劣化しないため違法な複製が行なわれるおそれがあることから,著作権保護のために開発された。音声データ本体に,「コピー可」「1度のみコピー可」「コピー不可」という制御情報を付加し,コピーを制限する。たとえば「1度のみコピー可」の音声データをコピーすると,新たに複製された音声データには「コピー不可」という制御情報が付加される。これにより,オリジナル音源からのコピーは認められるが,さらに複製することは不可能となる。DAT(デジタルオーディオテープ),デジタルコンパクトカセット DCC,MDミニディスク)などに組み込まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

SCMSの関連キーワードSCMST

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android