コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

U2 ゆーつー U2

翻訳|U2

2件 の用語解説(U2の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

U2

アイルランド出身のロックバンド。メンバーは、ボノ(ボーカルギター)、ジ・エッジ (ギター、ピアノ、ボーカル)、アダム・クレイトン(ベース)、ラリー・マレン・ジュニア(ドラム)の4人。繊細なメロディと、宗教紛争や反核などに関するメッセージ性の強い歌詞で知られる。1980年デビュー。87年発表のアルバム「ヨシュア・トゥリー」でグラミー賞最優秀アルバム賞、同年間最優秀ロック・グループ賞を受賞し、世界的な人気を獲得した。以後も次々と話題作を発表し、グラミー賞を多数受賞している。2005年にロックの殿堂入りを果たし、14年には前述のアルバムが米国立図書館録音資料として永久保存された。

(2014-4-8)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

U2
ゆーつー

アイルランド出身のロック・バンド。メンバーはボノBono(1960― 、本名ポール・ヒューソンPaul Hewson、ボーカル)、ジ・エッジThe Edge(1961― 、本名デビッド・エバンズDavid Evans、ギター)、アダム・クレイトンAdam Clayton(1960― 、ベース)、ラリー・マレンLarry Mullen Jr.(1960― 、ドラム)。ダブリンのマウント・テンプル・ハイスクールの学生だった彼らは、マレンの呼びかけでバンドを結成し、1979年に最初のシングル「U23」をリリースアイルランド国内で人気となった彼らは80年にアイランド・レコードと契約し、アルバム『ボーイ』を発表する。続いて『アイリッシュ・オクトーバー』(1981)、『WAR(闘)』(1983)と順調にアルバムをリリースし、パンクニュー・ウェーブに影響を受けながらもスケールの大きなロック・サウンドを展開させていった。さらには北アイルランド紛争を歌った「サンデイ・ブラディ・サンデイ」(『WAR(闘)』収録)などにみられる政治的な姿勢も相まって、パンク以降のロックを代表するバンドという評価を得る。
 84年になると、ブライアン・イーノとカナダ出身のシンガー・ソングライター、ダニエル・ラノワDaniel Lanois(1951― )をプロデューサーに迎えた『焔』をリリースし、翌年にはアフリカの飢饉救済のチャリティー・コンサート「ライブ・エイド」に出演する。87年の『ヨシュア・トゥリー』は発売後48時間で100万枚以上を売り上げてプラチナ・アルバムに輝き、世界22か国でヒット・チャート1位となり、同年のグラミー賞で最優秀ロック・パフォーマンス賞と最優秀アルバム賞を受賞した。
 88年には、『ヨシュア・トゥリー』リリース後の世界ツアーを記録した映画『U2/魂の叫び』が公開される。同名のサウンドトラック盤ではブルース歌手B・B・キングとの共演も収録され、彼らの音楽的ルーツがうかがえる作品となった。
 90年代に入ると彼らはエレクトロニック・ビートを積極的に導入し、『アクトン・ベイビー』(1991)、『ZOOROPA』(1993)、『POP』(1997)と意欲作を次々に発表する。また、91年から開始され、2年間をかけて世界中を回った「Zoo TV」ツアーは、マルチスクリーン映像を駆使した実験的なスタジアム・コンサートで、マルチメディア時代におけるロック・バンドの新たなライブ・コンサート像を提案するものであった。『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』(2000)は、原点に立ち返ったオーソドックスなロック・サウンドが特徴的で、20年間にわたってロック界の第一人者として君臨してきた彼らの活動を総括する作品となった。ディレイ(原音と、それを遅らせた反響音を重ね合わせる音響効果)を多用し透明な音空間を作り出すジ・エッジのギター・サウンドは後のロック・サウンドに多大な影響を及ぼしたが、その音作りにはイギリスのプロデューサー、スティーブ・リリーホワイトSteve Lilywhite(1955― )による斬新な音響処理も貢献している。パンク・ロックから大きな影響を受けながらも、そのノイジーなサウンドとは異なる新鮮なサウンドとボノの情熱的なボーカルとの組み合わせが、80~90年代を代表するロック・バンドとしての彼らの世界的評価へと繋がった。[増田 聡]
『スーザン・ブラック著、中野園子訳『ボノ語録』(1998・シンコー・ミュージック) ▽カーター・アラン著、伊藤英嗣訳『U2 世界の涯てまでも』(1994・大栄出版) ▽ビル・グラハム著、川原真理子訳『U2全曲解説』(1995・シンコー・ミュージック) ▽和久井光司著『U2』(1999・エクシード・プレス)』
「『POP』CD(1997・ユニバーサル ミュージック) ▽『アクトン・ベイビー』『ZOOROPA』CD(1998・ユニバーサル ミュージック) ▽『U2/魂の叫び』(CD=1998・ユニバーサル ミュージック、DVD=2003・パラマウント ホームエンタテインメント ジャパン) ▽『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』CD(2000・ユニバーサル ミュージック) ▽『ボーイ』『アイリッシュ・オクトーバー』『WAR(闘)』『焔』『ヨシュア・トゥリー』CD(以上2002・ユニバーサル ミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のU2の言及

【偵察機】より

…初期の偵察機はおもに肉眼で前線の状況や,射撃の弾着の観測を行うものであったが,現在の偵察機は写真・電子偵察を主任務として武装されている。 第2次大戦後,偵察機の存在を世に知らしめたのは,1960年5月1日にソ連領内で偵察飛行中のアメリカ空軍のロッキードU2が撃墜されて操縦士が捕虜となった〈U2型機事件〉であった。U2はアメリカ空軍とCIAが,1957年のソ連のICBM発射成功を背景に戦略偵察用に採用した機体で,55機が製造された。…

※「U2」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

U2の関連キーワードアイルランドアイルランド海バックバンドブックバンドアイオナ島アイリッシュミュージッククロックバンド高見沢俊彦のロックばんカードアイルランド[島]ネックバンド (Neck Band)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

U2の関連情報