UDPグルコース-4-エピメラーゼ(読み)ユーディーピーグルコースヨンエピメラーゼ

  • UDP glucose-4-epimerase

化学辞典 第2版の解説

EC 5.1.3.2.UDP-ガラクトースエピメラーゼ,ガラクトワルデナーゼともいう.UDPはウリジン二リン酸を表す.

UDP-グルコース UDP-ガラクトース

の反応を触媒する酵素.細菌,酵母,乳腺,肝臓に存在する.起源を異にする酵素の精製標品はいずれも強くニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)を結合して含有しており,作用にNADを必要とする.したがって,反応の過程に酸化還元を伴うことが考えられる.おそらくヘキソースの炭素4位におけるエピメル化は,酸化還元にもとづくものと考えられる.この酵素が欠損すると,ガラクトース血症(Ⅲ型)となる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android