コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WCS ダブリューシーエスWCS

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐シー‐エス【WCS】[World Conservation Strategy]

World Conservation Strategy》世界自然資源保全戦略。世界保全戦略。IUCN(国際自然保護連合)がUNEP(ユネップ)(国連環境計画)の委託を受け、1980年に作成した地球環境保全と自然保護のための指針。地球の自然資源保全のため、新しい国際的経済秩序と環境倫理の確立が必要として、持続可能な開発の概念を打ち出した。1991年には「新世界保全戦略」が新たに策定された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

WCS

〖World Conservation Strategy〗
世界自然資源保全戦略。自然資源を保全するため、国際自然保護連合(IUCN)が 1980 年に発表した行動計画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WCSの関連情報