コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WMA ダブリュー エム エー

6件 の用語解説(WMAの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WMA

マイクロソフト社が開発した音声データの圧縮方式。同社の映像・音楽配信システムであるWindows Media Technologiesの一部で、Windowsで標準的な音声データの形式になっている。WMAは、DRMDigital Rights Management、デジタル著作権管理)で保護できるため、音楽配信サービスで使用されることが多い。再生にはWindowsに付属するWindows Media Playerを使用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

WMA

ウィンドウズ・メディアプレーヤー標準の音声データのファイル形式で「ウィンドウズ・メディア・オーディオ」の略称です。マイクロソフトが開発した音声圧縮方式で、MP3よりも高音質でデータを小さくできます。
⇨AAC、MP3、
Windows Media Player、
音声圧縮

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐エム‐エー【WMA】[Windows Media Audio]

Windows Media Audio》音声データの圧縮技術の一。米国マイクロソフト社が開発。同社のWindows Media Playerの標準的な音声ファイル形式であり、DRM(デジタル著作権管理)技術にも対応している。

ダブリュー‐エム‐エー【WMA】[World Medical Association]

World Medical Association》⇒世界医師会

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ダブリューエムエー【WMA】

マイクロソフトが開発した音声圧縮方式。同社の再生ソフト「Windows Media Player」に対応した標準的なファイル形式のひとつ。ファイルの拡張子は「.wma」。高い圧縮率を持ち、可逆圧縮VBR可変ビットレート)にも対応している。◇「Windows Media Audio」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

WMA
だぶりゅーえむえー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WMAの関連キーワードマイクロソフトアクセスマイクロソフトエクセルマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスパワーポイントマイクロソフトオフィスプロジェクトマイクロソフトオフィスワードマイクロソフトワード

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

WMAの関連情報