コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界医師会 せかいいしかいWorld Medical Association; WMA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界医師会
せかいいしかい
World Medical Association; WMA

1947年パリで創立医学教育,医科学,医術,医師の倫理規定および全人類の保健について,最高度の国際水準の確立を目的とする団体。医学全般,病院実務,社会保障について活動を行なっている。本部ニューヨーク。第 29回総会は 75年に東京で開催された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せかい‐いしかい〔‐イシクワイ〕【世界医師会】

全世界の医師を代表する国際組織。1947年、パリで創設。医学教育、医療科学・技術・倫理の水準を最大限向上させるための活動を通じて、世界的な医療水準の向上を目指す。111か国の医師会が参加(2016年7月現在)。ジュネーブに隣接するフランスのフェルネボルテールに事務局がある。WMA(World Medical Association)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界医師会の関連キーワードヒポクラテスの誓いバイオエシックスヘルシンキ宣言患者の権利武見太郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界医師会の関連情報