Xジェンダー(読み)えっくすじぇんだー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Xジェンダー
えっくすじぇんだー

身体的には男性あるいは女性として生まれながら、その性別のどちらでもないという性自認(性的アイデンティティ)をもつ人を表すことば。日本で独自に使い始められたことばである。性自認とは、自分の性別を認識することで、ジェンダーは性差ともいい、雌雄という生物学的性差に対して社会文化的につくりだされる性差を表す。Xジェンダーにはいくつかのタイプがあり、自分に性別がないと性自認している人々(無性、アジェンダーagender)、男女両方の性別であると性自認している人々(両性、バイジェンダーbigender)、男女の中間の性別と性自認している人々(中性)などがいる。また、身体的な性別としては男性として生まれながら、その性別であることの性自認をもたないXジェンダーをMtX(Male to X)、女性として生まれながら、その性別であることの性自認をもたないXジェンダーをFtX(Female to X)とよぶ。Xジェンダーに対して、身体的には男性あるいは女性として生まれながら、まったく反対の性別として自分をとらえようとする、または性別という規定そのものから自由であろうとする人々をトランスジェンダーtransgenderとよぶ。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Xジェンダー
エックスジェンダー

性別違和をもつ人(→トランスジェンダー)のなかで,みずからを男性,女性いずれの性別にも合致しないと意識する人。外来語ではなく,日本において当事者たちが自称として使い始めた語である。ここで Xの字が用いられるのは,英語において Xが特定されないものという意味をもつことによる。英語では gender queerという表現が Xジェンダーの概念に近い。自分を Xジェンダーと呼ぶ人の間でも,自身の性別に関する感覚は多様である。たとえば,体の性別に違和感をもちながら他方の性別の体への一致感もないと感じている人,体の性別にはまったく違和感はないがどちらかの性別に典型的とされる衣服や髪型,ふるまいなどの性別表現が自分に合わないと感じている人,男女の性別いずれかに自分を振り分けることに強い抵抗を感じる人,などである。出生時の体が女性である Xジェンダーは FtX; Female to X,その逆の場合には MtX; Male to Xという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Xジェンダーの関連情報