X線分光分析(読み)エックスせんぶんこうぶんせき

百科事典マイペディアの解説

X線分光分析【エックスせんぶんこうぶんせき】

分光分析のうちX線領域のものをいう。直接電子流を照射して生ずる特性X線から原子番号を決定する元素分析(定性分析に便利)と,強力な連続X線を試料物質にあて,生ずる蛍光X線(二次X線)を調べる蛍光X線分析(定量分析に便利)とがある。また連続X線を当ててX線吸収スペクトルから分析する吸収法もある。試料を破壊しないで分析を行うことができるのが特徴。→X線スペクトル
→関連項目X線シーグバーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android