コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Y器官 ワイきかん Y-organ

3件 の用語解説(Y器官の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Y器官
ワイきかん
Y-organ

節足動物甲殻類の触角節または小顎節にある無道管の腺様組織。Y器官を除去すると脱皮が妨げられ,またこれを移植すると脱皮が誘発されることから,この器官は脱皮を促進するホルモンを分泌する内分泌腺であると考えられ,昆虫の前胸腺との類似が指摘されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワイきかん【Y器官 Y‐organ】

甲殻類の頭部または頭胸部にあって,対になっている外胚葉由来の腺性内分泌器官。直径約10μmの細胞が円錐状,レンズ状または葉状にかたまっている。最初ガーベM.Gabe(1953)によりカニ類でその存在が指摘され,エシャリエG.Échalier(1954‐55)により脱皮を誘導するホルモンを分泌することが実験的に確認された。20‐ヒドロキシエクジソン(かつてβ‐エクジソンやクラストエクジソンとも呼ばれた)がホルモンとして抽出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Y器官
わいきかん

節足動物甲殻類の頭部触角節または小顎(しょうがく)節にあり、直径10マイクロメートル前後の細胞の集合した内分泌器官で、Y腺(せん)ともいう。昆虫の前胸腺と相同と考えられ、脱皮促進ホルモンのクルステクジソンcrustecdysoneを分泌する。このホルモンは前胸腺ホルモンのエクジソンecdysoneと構造、作用ともよく類似している。Y器官の働きは、眼柄中にあるサイナス腺を経て分泌されるX器官の神経分泌ホルモンにより抑制される。[町田武生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Y器官の関連キーワードイセエビノープリウス蔓脚類海老眼柄頭胸部歩脚咽頭歯魚虱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone