コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

exFAT いーえっくすふぁっとexFAT/extended file allocation table

2件 の用語解説(exFATの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

exFAT

主にWindowsで利用されているファイルシステム。マイクロソフトのOSを中心に、様々な機器で使われている「FAT」をベースに、フラッシュメモリーを使ったメモリーカードに特化させたものである。
既存のメモリーカードで使われていたFATおよびFAT32では、一つのファイルサイズが4GB以内、トータルの容量で32GB以内、という制限があった。ハイビジョンの映像などの、容量が大きなデータを扱う場合には、この制限が壁となり、使いやすさや製品開発の点で問題が生まれていた。そこでexFATでは、一つのファイルでのサイズ制限を、最大16エクサバイト(約160億GB)にまで拡大、そういった問題を解消している。
Windows XP SP2以降に、マイクロソフトより公開されている修正ファイルを適用した場合と、Windows Vista SP1以降のOSで利用可能。また、2009年1月、SDメモリーカードの第3世代規格「SDXC」のファイルシステムとして採用されることが発表された。
ただし、従来のFAT・FAT32とは互換性がなく、exFATに対応していない機器やOSでは読み書きができない。前述の対応OSでは、既存のメモリーカードやUSBメモリーをexFATでフォーマットすることが可能となっているが、そうすると、非対応機器での読み書きができなくなるので注意が必要だ。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

exFATの関連キーワードWindowsWindows 8.1WindowsWin32cLAN Managerユーザーレベルのセキュリティー拡張子SurfaceEnhanced Meta FileWindows

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

exFATの関連情報