コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

love love

翻訳|love

タレントデータバンクの解説

LOVE


芸名
LOVE

性別
女性

生年月日
/02/02

星座
みずがめ座

血液型
B

身長
99cm

体重
22kg

ブログタイトル
LOVE Official Blog

ブログURL
http://locomusic.jp/love/blog/

デビュー年
2007

職種
音楽

趣味・特技
でんぐり返し/ぼーっとすること/たくらむこと

プロフィール
2007年、「オシャレ魔女 ラブandベリー しあわせのまほう」劇場テーマソングとして『LOVEのテーマ』でデビューする。CDリリースのほかに、ポストカードブックや詩集、ストラップなどのGOODSも発売している。言語は片言。性格は寂しがり屋なのに自由奔放、照れ屋。特徴はウサギのくせにジャンプ力がなく、動きが鈍い。趣味はでんぐり返し、ぼーっとすること、たくらむこと。好きなモノは駄菓子(ミルクせんべい)。嫌いなモノは中身のない人間、歯医者さん、農薬野菜。

デビュー作
『LOVEのテーマ』

代表作品
CDシングル『LOVEのテーマ』(2007) / CDミニアルバム『LOVE.IT』(2009)

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

世界大百科事典内のloveの言及

【愛】より

…まして,文芸・絵画・彫刻・音楽などの芸術作品は,概念の網では決してすくうことのできない,愛の具体的な真実を,感性を通して訴えかけてくるのであるから,意味の抽出を急いではならない。 そこで,現代日本語としての〈愛〉の素性に目を向けると,この語は,本来の中国的な意義と,これと相いれぬインド仏教的な意義とを担って,上代の知識階級の語彙に加わったが,中世・近世を通じてむしろ卑俗な語感をもち,明治になると近代ヨーロッパ語の〈ラブlove〉〈リーベLiebe〉〈アムールamour〉の受皿として用いられ,〈おもい〉や〈恋〉の地位をおびやかすに至ったものである。ところが,西洋文化の源流を伝える,古典語とくにギリシア語では,サンスクリット語の場合と同じく,愛の観念を包括する単語が存在しなかった。…

※「love」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

loveの関連キーワードLOVE真梨邑ケイサザンオールスターズ高橋愛岩井俊二ダイアナ ロスラブロマンス鍵山由佳荻野目洋子古屋敬多

loveの関連情報