コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久悠 あくゆう

4件 の用語解説(阿久悠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿久悠
あくゆう

[生]1937.2.7. 兵庫
[没]2007.8.1. 東京,港
作詞家,作家。本名深田公之。兵庫県の淡路島に生まれ,1959年に明治大学文学部を卒業して広告代理店に入社。コマーシャル制作,番組企画などに携わった。1965年に退職して放送作家として独立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あく‐ゆう〔‐イウ〕【阿久悠】

[1937~2007]作詞家・小説家。兵庫の生まれ。本名、深田公之(ひろゆき)。広告代理店勤務、放送作家を経て作詞家となる。代表作は「また逢う日まで」「ジョニィへの伝言」「勝手にしやがれ」「津軽海峡・冬景色」など。また小説も手がけ、「瀬戸内少年野球団」などを執筆。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

阿久悠【あくゆう】

作詞家。本名深田公之(ひろゆき)。兵庫県出身。明治大学文学部日本文学専攻卒業。1964年に〈阿久悠〉のペンネームテレビ番組の台本を書き始める。1965年には田辺昭知(しょうち)とザ・スパイダースの《フリフリ》のB面《モンキーダンス》で作詞家としてデビュー
→関連項目尾崎紀世彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿久悠 あく-ゆう

1937-2007 昭和後期-平成時代の作詞家,小説家。
昭和12年2月7日生まれ。放送作家となり,昭和43年作詞をはじめる。「また逢う日まで」「北の宿から」「津軽海峡冬景色」などおおくのヒット曲を生む。54年小説「瀬戸内少年野球団」が直木賞候補となり,のち映画化された。平成元年兵庫エフエム会長。日本レコード大賞作詞賞など受賞多数。9年菊池寛賞。平成19年8月1日死去。70歳。兵庫県出身。明大卒。本名は深田公之(ひろゆき)。小説に「飢餓旅行」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿久悠の関連キーワードアルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧エクアドルの要覧エジプトの要覧オマーンの要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿久悠の関連情報