コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久悠 あくゆう

4件 の用語解説(阿久悠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿久悠
あくゆう

[生]1937.2.7. 兵庫
[没]2007.8.1. 東京,港
作詞家,作家。本名深田公之。兵庫県の淡路島に生まれ,1959年に明治大学文学部を卒業して広告代理店に入社。コマーシャル制作,番組企画などに携わった。1965年に退職して放送作家として独立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あく‐ゆう〔‐イウ〕【阿久悠】

[1937~2007]作詞家・小説家。兵庫の生まれ。本名、深田公之(ひろゆき)。広告代理店勤務、放送作家を経て作詞家となる。代表作は「また逢う日まで」「ジョニィへの伝言」「勝手にしやがれ」「津軽海峡・冬景色」など。また小説も手がけ、「瀬戸内少年野球団」などを執筆。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿久悠【あくゆう】

作詞家。本名深田公之(ひろゆき)。兵庫県出身。明治大学文学部日本文学専攻卒業。1964年に〈阿久悠〉のペンネームテレビ番組の台本を書き始める。1965年には田辺昭知(しょうち)とザ・スパイダースの《フリフリ》のB面《モンキーダンス》で作詞家としてデビュー
→関連項目尾崎紀世彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿久悠 あく-ゆう

1937-2007 昭和後期-平成時代の作詞家,小説家。
昭和12年2月7日生まれ。放送作家となり,昭和43年作詞をはじめる。「また逢う日まで」「北の宿から」「津軽海峡冬景色」などおおくのヒット曲を生む。54年小説「瀬戸内少年野球団」が直木賞候補となり,のち映画化された。平成元年兵庫エフエム会長。日本レコード大賞作詞賞など受賞多数。9年菊池寛賞。平成19年8月1日死去。70歳。兵庫県出身。明大卒。本名は深田公之(ひろゆき)。小説に「飢餓旅行」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阿久悠の関連キーワード東義国奥山峰石梶木剛熊田誠佐藤幸治(2)辻隆豊嶋一喜松本作衛養老孟司勝又進

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿久悠の関連情報