コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

pK ピーケー

世界大百科事典 第2版の解説

ピーケー【pK】

化学反応が平衡に達し,その場合の平衡定数をKとおくとき,K=10XまたはX=-log10Kで定義されるXをpKという。pはべき(冪)powerのことである。反応系において化学平衡に関与する化学種の量,たとえば活量,濃度,圧力などの間の関係はKと結びつけられる。しかしKの値はきわめて小さな値から大きな値まで,物質によってさまざまな値を示す。たとえば,水溶液中における酢酸の解離平衡CH3COOH⇄CH3COO+HKは,25℃で1.75×10-5mol/lであり,銅(II)のアンモニア錯イオン生成についての平衡Cu2++4NH3⇄Cu(NH3)42+Kは,25℃で1.12×1013mol-4l4である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

pKの関連キーワードスコット(Ridley Scott)マイケル・ジョン ハリソンポアソン分布数学的帰納法組織培養レバノン海洋観測公理活量

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android