コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

pK ピーケー

1件 の用語解説(pKの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピーケー【pK】

化学反応が平衡に達し,その場合の平衡定数Kとおくとき,K=10XまたはX=-log10Kで定義されるXをpKという。pはべき(冪)powerのことである。反応系において化学平衡に関与する化学種の量,たとえば活量,濃度,圧力などの間の関係はKと結びつけられる。しかしKの値はきわめて小さな値から大きな値まで,物質によってさまざまな値を示す。たとえば,水溶液中における酢酸の解離平衡CH3COOH⇄CH3COO+HKは,25℃で1.75×10-5mol/lであり,銅(II)のアンモニア錯イオン生成についての平衡Cu2++4NH3⇄Cu(NH3)42+Kは,25℃で1.12×1013mol-4l4である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

pKの関連キーワード平衡定数ルシャトリエの法則定圧平衡式定温平衡式定容平衡式反応定圧式反応定温式反応定容式ファントホッフの定圧式平衡定数(化学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone