パブリックドメインソフトウェア

百科事典マイペディアの解説

パブリックドメインソフトウェア

著作権・所有権が放棄されたソフトウェアPDSと略称される。ネットワークなどを通じて広く公開され,誰もが自由に使用し,また改造・再配布することが許される。最近ではシェアウェアフリーソフトウェア定義が明確になったため死語になりつつある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

パブリックドメインソフトウェア【public domain software】

作成者が著作権を放棄したソフトウェア。一般に、ウェブ上で公開されたり、雑誌や書籍の付録として配布されたりするものが多い。自由に利用することができ、ソースコードが公開されていれば、改変や修正、再配布も可能。◇頭文字から「PDS」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のパブリックドメインソフトウェアの言及

【電子情報の知的所有権】より

…料金の支払い時期は試用の後とされるのが普通。パブリックドメインソフトウェア(PDS)法律の規定により著作権の対象とならないか,あるいは著作権が消滅したソフトウェア。アメリカでは政府機関が作成したソフト等は著作権の対象とならないので,多数のPDSが存在するが,日本やヨーロッパでは政府機関の作成したソフト等も著作権の対象となるので,原則としてPDSは存在しない。…

※「パブリックドメインソフトウェア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android