コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

xDSL えっくすでぃーえすえる

5件 の用語解説(xDSLの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

xDSL

デジタル加入者回線。既存の電話回線を用いて高速通信を行う技術の総称。従来使用されている電話線をそのまま利用できるので、光ファイバーが各家庭に行き届くまでの間のサービスとして注目されている。ADSLSDSLHDSLVDSLなどの技術がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

xDSL

ADSLと、ADSLから派生した各種の技術の総称です。DSLは、「デジタル加入者線(Digital Subscri
ber Line)」の略称で、従来の電話回線を使って高速なデジタル通信を可能にする技術という意味です。「x」は、そこに技術ごとにいろいろな文字が入ることを示したものです。
⇨VDSL、デジタル回線デジタル加入者線

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

エックスディーエスエル【xDSL】

「DSL」の別称。◇「x digital subscriber line(デジタル加入者線)」の頭文字から。⇒DSL

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

xDSL

〖x digital subscriber line〗 〔x は総称を表す〕
電話の加入者線を利用した高速データ伝送技術の総称。ADSL や VDSL など。単に DSL ともよばれる。 → ADSLVDSL

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

xDSL
えっくすでぃーえすえる
x digital subscriber line

電話用に引かれた一般の加入回線(銅線)を使って数百から数メガビット/秒の高速通信を可能にするデジタル通信技術。xDSLのxはいくつかの類似技術の総称という意味。通信速度や伝送距離の違いによって、ADSL、VDSL、HDSL、SDSLなどがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

xDSLの関連キーワードADSLモデムスプリッター派生社会零れ話大篆山鹿流愛だし金融派生商品(Derivatives)派生商品(Derivatives)派生商品

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

xDSLの関連情報