コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

β遮断薬

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

β遮断薬
べーたしゃだんやく

交感神経遮断薬の主流をなす薬物で、β‐アドレナリン受容体遮断作用をもつ。β‐アドレナリン受容体にはβ1とβ2とがあり、β1は心臓刺激、脂肪分解、腸管抑制作用があり、β2は気管支拡張、血管拡張、筋におけるグリコーゲン分解作用をもっている。これらの作用を抑制するのがβ遮断薬で、すべてが一様に抑制されるのではなく、薬物によって異なる。最初に市販されたのはプロプラノロール(「インデラル」)で、狭心症および不整脈の治療と軽症ないし中等症の高血圧に有効であり、その後数多くのβ遮断薬が開発され市販された。これらの作用はβ遮断作用ばかりでなく、キニジン様作用、内因性交感神経刺激作用などもあることがわかり、さらに臓器選択性、すなわち心臓だけに作用するものも開発された。また、眼圧の低下がみられることから、点眼液として緑内障の治療に用いられるもの(チモロールなど)もできた。現在では、狭心症や不整脈の治療はもちろん、本態性高血圧症の治療に対する第一選択薬として繁用されている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

β遮断薬の関連キーワードブラック(James Whyte Black)本態性振戦(老人性振戦/家族性振戦)腎性高血圧/腎血管性高血圧ドーピング指定薬物インドメタシン中毒ベータ受容体遮断薬副交感神経遮断薬トランキライザーアンタゴニスト膀胱頸部硬化症QT延長症候群唾液分泌抑制薬特発性心筋症スコポラミン冠血管拡張薬二次性糖尿病狭心症治療薬βブロッカーベータ遮断薬自律神経剤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android