コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

β遮断薬

2件 の用語解説(β遮断薬の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

β遮断薬

 アドレナリンβ受容体遮断薬のこと.エピネフリンのβ受容体とエピネフリンの結合を阻害する薬剤.例えばプロプラノロール

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

β遮断薬
べーたしゃだんやく

交感神経遮断薬の主流をなす薬物で、β‐アドレナリン受容体遮断作用をもつ。β‐アドレナリン受容体にはβ1とβ2とがあり、β1は心臓刺激、脂肪分解、腸管抑制作用があり、β2は気管支拡張、血管拡張、筋におけるグリコーゲン分解作用をもっている。これらの作用を抑制するのがβ遮断薬で、すべてが一様に抑制されるのではなく、薬物によって異なる。最初に市販されたのはプロプラノロール(「インデラル」)で、狭心症および不整脈の治療と軽症ないし中等症の高血圧に有効であり、その後数多くのβ遮断薬が開発され市販された。これらの作用はβ遮断作用ばかりでなく、キニジン様作用、内因性交感神経刺激作用などもあることがわかり、さらに臓器選択性、すなわち心臓だけに作用するものも開発された。また、眼圧の低下がみられることから、点眼液として緑内障の治療に用いられるもの(チモロールなど)もできた。現在では、狭心症や不整脈の治療はもちろん、本態性高血圧症の治療に対する第一選択薬として繁用されている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

β遮断薬の関連キーワードアドレナリンノルアドレナリンプロプラノロールβ遮断剤アドレナリン作動性効果遮断薬アドレナリン作動性シナプスアドレナリン作動性神経アドレナリン受容体アドレナリンα受容体アドレナリンβ受容体

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

β遮断薬の関連情報