コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭心症治療薬 きょうしんしょうちりょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狭心症治療薬
きょうしんしょうちりょうやく

狭心症は,心筋への酸素の需要と供給のアンバランスで起る虚血性心疾患である。治療には心筋虚血を改善し,心筋の酸素需要を減少させながら血流の増加をはかることが必要である。ニトログリセリンは心臓に栄養を送る冠状動脈を拡張して血流をふやし,狭心症の痛みをとる。経口剤として用いるほか,テープを用いる経皮投与は発作時に効果がある。同様に冠状動脈を拡張するものとして亜硝酸化合物がある。また,心臓に働いて血液の拍出量を減らして血圧を下げるb-遮断薬には塩酸プロブラノロール,ピンドロールなどがある。さらに,心臓の収縮を抑え拍動数を減らし,冠状動脈を拡張して心臓への血液共給量をふやすカルシウム拮抗剤も用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

狭心症治療薬の関連キーワードドラッグ・リポジショニングカルシウム拮抗薬ファーチゴットイグナロ適応拡大メルクムラド心臓薬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android