コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

β酸化 ベータさんかβ-oxidation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

β酸化
ベータさんか
β-oxidation

生体内における脂肪酸酸化形式の一つ。カルボキシル基側から炭素が2個ずつ切れてアセチル補酵素Aが生成され,その際に ATP (アデノシン三リン酸) 5個がつくられる。 C18 脂肪酸を例にあげると,切断が8回行われて (5×8-1) 個の ATPができる。この差引いた1個は反応の最初に利用される分である。β酸化によって生じた補酵素Aは,さらに TCA回路で酸化利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベータ‐さんか〔‐サンクワ〕【β酸化】

脂肪酸を酸化してアセチルCoAを生成する細胞内の代謝経路。アセチルCoAはクエン酸回路に組み込まれ、細胞のエネルギー源となるATPが産生される。βは、脂肪酸のβ位(末端のカルボキシル基から2番目)の炭素が順次酸化されることから。
[補説]β酸化は、遊離脂肪酸補酵素A(CoA)がチオエステル結合した脂肪酸アシルCoAを発物質として、ミトコンドリア内で4段階の反応を繰り返しながら行われる。1サイクルあたり2個の炭素原子が脂肪酸から切り離されてアセチルCoAが生成される。脂肪酸の炭素数が2nの場合、最終的にn個のアセチルCoAが生成される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

β酸化【ベータさんか】

脂肪酸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

β酸化

 脂肪酸の代謝経路の一つで,脂肪酸のカルボキシル基のある側から,炭素2個ずつが切断されてアセチルCoAになるという経路.ミトコンドリア内に酵素系が存在する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のβ酸化の言及

【呼吸】より

…解糖系の諸酵素は細胞質の可溶性画分にあると考えられているが,細胞質中の微細構造に結合していると主張する研究者もある。真核生物では,クエン酸回路,β酸化,および電子伝達系の諸酵素はミトコンドリアに含まれている。赤血球や肝臓および多くの植物の組織では,グルコースの一部は解糖系とは異なるペントースリン酸回路(細胞質の可溶性画分にある)によって完全酸化を受ける(図3)。…

※「β酸化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

β酸化の関連キーワードアセチルCoAアシルトランスフエラーゼカルニチンアシルトランスフェラーゼペルオキシソーム増殖剤応答性受容体マグネシア(酸化マグネシウム)アシルCoAデヒドロゲナーゼデヒドロアスコルビン酸オキシドレダクターゼ四酸化三コバルト光合成的リン酸化酸化銀ボタン電池四三酸化コバルト酸化オスミウムレドックス電位オストワルト法チオエステル脂質過酸化物オキシダーゼ四酸化三鉄接触酸化法大酸化事件

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

β酸化の関連情報