【ぼう】示(読み)ぼうじ

百科事典マイペディアの解説

【ぼう】示【ぼうじ】

所領の境界に立てられた標識。寺社領や不輸不入(ふゆふにゅう)など排他的な特権を持つ荘園に設置された。東西南北の4ヵ所に立てられることから四至【ぼう】示(ししぼうじ‖しいしぼうじ)とも称し,これ以外の場所に設置されたものは脇【ぼう】示とも称された。原則として四至【ぼう】示は荘園の立券荘号(りっけんしょうごう)の際に官使・国司(こくし)・領家使らの立会いで設置され,四至【ぼう】示図が作成されるのが通例であったらしい。だが現実には絶対的な効力を持たないことが多く,【ぼう】示を抜き取るという言葉が所領への侵略と同じ意味で用いられた。【ぼう】示自体は木柱・石柱・自然木などで作られ,荘園絵図に具体的な形が描かれるのみならず,現物が残されている例もある。
→関連項目国富荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android