コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【ぼう】示 ぼうじ

1件 の用語解説(【ぼう】示の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

【ぼう】示【ぼうじ】

所領の境界に立てられた標識。寺社領や不輸不入(ふゆふにゅう)など排他的な特権を持つ荘園に設置された。東西南北の4ヵ所に立てられることから四至【ぼう】示(ししぼうじ‖しいしぼうじ)とも称し,これ以外の場所に設置されたものは脇【ぼう】示とも称された。
→関連項目国富荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

【ぼう】示の関連キーワード境界屈折角不輸牓示杭立標里程標寺社領境界確定訴訟境界杭=境界石カントリーサイン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone