コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いす いす

大辞林 第三版の解説

いす

( 助動 ) ( いせ(いしよ・いし) ・いし ・いす ・いす ・いすれ ・いし )
〔「ます」から「んす」「いす」と変化したものという。近世、江戸の遊里語。吉原の遊女言葉から発生〕
動詞の連用形に付いて、丁寧の意を表す。 「百物語をしいすと、化物が出るとまうしいすから、客物語をしいしたなら、客人がきいせうから/咄本・弥次郎口」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いすの関連キーワード千葉県いすみ市岬町市野々千葉県いすみ市岬町井沢千葉県いすみ市小又井千葉県いすみ市須賀谷千葉県いすみ市釈迦谷千葉県いすみ市大原台千葉県いすみ市大和田千葉県いすみ市柿和田千葉県いすみ市正立寺千葉県いすみ市上布施千葉県いすみ市国府台千葉県いすみ市小池千葉県いすみ市大野千葉県いすみ市岩船千葉県いすみ市下原千葉県いすみ市佐室千葉県いすみ市沢部千葉県いすみ市今関千葉県いすみ市小沢千葉県いすみ市松丸

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いすの関連情報