コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いたか イタカ

デジタル大辞泉の解説

いた‐か

《「板書き」の意か》中世、小さな板の卒塔婆(そとば)を作って経文戒名などを書き、川に流したり経を読んだりして、金品をもらって歩いた乞食(こじき)坊主

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたか

〔「板書き」の略か〕
乞食僧の一種。中世、経木を卒塔婆の形に刻んで、戒名を書いて川に流し読経して銭を乞うた者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いたかの関連キーワードハウスホーファー(Albrecht Haushofer)A. ハウスホーファー広島県三原市本郷町本郷プライバシーバイザースターカー遺跡ゲルマン神話普通契約条款激発物破裂罪大久保彦三郎熊本県荒尾市ユイ(玉)山良弘(2)セイムリアカバー遺跡ハス(蓮)東市・西市地から湧く本郷[町]医学天正記個人視聴率

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いたかの関連情報