いのちの初夜(読み)いのちのしょや

日本大百科全書(ニッポニカ)「いのちの初夜」の解説

いのちの初夜
いのちのしょや

北条民雄(ほうじょうたみお)の短編小説。1936年(昭和11)2月『文学界』に発表。同年、創元社刊の短編集に収録。原題は「最初の一夜」で、彼が師事していた川端康成(かわばたやすなり)の改題になる。ハンセン病(旧称、癩(らい))の宣告を受け、自殺未遂を繰り返したすえに入院した青年尾田(おだ)は、重症患者たちの凄絶(せいぜつ)な姿を目の当たりにして動揺するが、「癩者の生活を獲得する時、再び人間として生き復(かえ)る」という病棟夫佐柄木(さえき)を知り、朝の光とともに「やはり生きて見ることだ」と思い始める。同じ病気に冒されていた作者の苦悩と決意を描いて、大きな衝撃を与えた作品。

[宗像和重]

『『いのちの初夜』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android