コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初夜 ショヤ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐や【初夜】

新婚夫婦として迎える最初の夜。
六時の一。戌(いぬ)の刻。現在の午後8ごろ。宵の口。また、その時刻に行う勤行(ごんぎょう)。そや。
夕刻から夜半までをいう語。古くは、前日の夜半からその日の朝までをいった。〈日葡

そ‐や【初夜】

しょや(初夜)」に同じ。
「―といひしかども、夜もいたう更けにけり」〈若紫

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょや【初夜】

最初の夜。特に、新婚の夫婦が迎える最初の夜。 「新婚-」
六時の一。夜を三分した最初の時間。ほぼ現在の午後6時から10時頃。また、その間に行う勤行。 → 中夜後夜ごや
夕方から夜半まで。
漏刻で、亥の二刻から子の二刻まで。

そや【初夜】

しょや(初夜) 」に同じ。 「 -行ふとて法師そそけば/蜻蛉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の初夜の言及

【七夜】より

…さらに七夜にカオミとかコヤミマイなどといって,麩とかかんぴょうなどを持って産見舞をする例もある。宮中や公卿の古記録によると,産養(うぶやしない)といって,出生の当日を初夜,3日目を三夜,5日目を五夜,7日目を七夜,9日目を九夜として饗饌(きようせん)を設け,生児の成長を祝ったが,のちには七夜のみを祝うようになった。また鳴弦(めいげん)の儀といって,弓の弦を鳴らしてもののけをはらう儀式が行われた。…

※「初夜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初夜の関連キーワード竹崎観世音寺修正会鬼祭ダナオスの娘たちアイギュプトスいのちの初夜寝よとの鐘まつおか晶北条 民雄富島 健夫富島健夫悔過作法山口太郎六時礼讃ダナオス下村彰宏岩崎正寛小川源多新婚旅行トビト書北条民雄土田英生

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初夜の関連情報