目の当たり(読み)マノアタリ

デジタル大辞泉の解説

《「目の辺り」の意か。「目の当たり」とも書く》
[名]
目のすぐ前。眼前。「災害のあとをまのあたりに見る」
疑う余地のない事がら。事実。
「地獄極楽破滅せんは―なるに」〈根無草・一〉
[副]
ある事態を目前にしているさま。実際に。「燃えさかる猛火をまのあたり見て、声も出ない」
相手にじかに接するさま。したしく。
「仏の前にありて―この経を聞きしに」〈今昔・七・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目の当たりの関連情報