コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まのあたり マノアタリ

デジタル大辞泉の解説

ま‐の‐あたり

《「目の辺り」の意か。「目の当たり」とも書く》
[名]
目のすぐ前。眼前。「災害のあとをまのあたりに見る」
疑う余地のない事がら。事実。
「地獄極楽破滅せんは―なるに」〈根無草・一〉
[副]
ある事態を目前にしているさま。実際に。「燃えさかる猛火をまのあたり見て、声も出ない」
相手にじかに接するさま。したしく。
「仏の前にありて―この経を聞きしに」〈今昔・七・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

まのあたりの関連キーワードクーパー(James Fenimore Cooper)魯迅(ルーシュン)(ろ・じん)(1881〜1936)ホイットマン(Walt Whitman)アウン・サン・スー・チーさんヴィルヘルムスヘーエ城公園ジャン・アンリ デュナンキャロライン ベネット世界をゆるがした十日間グラウスマウンテンジェラルド ウェイイスラエルの戦争ミカエル ジャンJ. ツビイッチソノマカウンティ聖なる花嫁の反乱デカブリストの乱エボ モラレスポーテイジ氷河カラシニコフ横須賀(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まのあたりの関連情報