コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まのあたり マノアタリ

1件 の用語解説(まのあたりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ま‐の‐あたり

《「目の辺り」の意か。「目の当たり」とも書く》
[名]
目のすぐ前。眼前。「災害のあとをまのあたりに見る」
疑う余地のない事がら。事実。
「地獄極楽破滅せんは―なるに」〈根無草・一〉
[副]
ある事態を目前にしているさま。実際に。「燃えさかる猛火をまのあたり見て、声も出ない」
相手にじかに接するさま。したしく。
「仏の前にありて―この経を聞きしに」〈今昔・七・一二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

まのあたりの関連情報