おどもり(読み)オドモリ

デジタル大辞泉の解説

おどもり

滞ること。また、そのもの。累積した結果。
「年々の湿気の―出まして」〈浮・禁短気・三〉
水たまり。
「どぶでも小用の―が、残ってあったものぢゃあろぞい」〈滑・膝栗毛・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おどもり

水などがたまること。 「どうでも小用の-が残つてあつたものぢやあろぞい/滑稽本・膝栗毛 6
とどこおること。また、そのもの。
積もりたまったもの。累積の結果。 「こりや是寒の中に水汲んだ-、久三の病ひで急病ぢや/浄瑠璃・新版歌祭文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おどもり

〘名〙
① とどこおり、つかえること。また、そのもの。渋滞。とくに、期限がきても弁済することができない借金。おどまり。
※箚録(1706)「其をどもりは買の損共身のひしよりさきなること無」
② 積もり溜まること。また、そのもの。累積。累積の結果。
※浄瑠璃・加増曾我(1706頃)二「万お世話のおどもりならん、なんにもかまはせ給ふなと」
③ 水たまり。
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)六「どふでも小用(せうよう)のおどもりが、のこってあったものじゃあろぞい」
④ きたない泥。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二二「淤泥(オドモリ)の沈澱したる盥(たらい)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android