おまらす

大辞林 第三版の解説

おまらす

( 動下二 )
〔「御参らす」の転〕
人に物を与えるの意の謙譲語。差し上げる。 「其儀ならばそちへ-・する/狂言・宝の槌」
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て」を添えたものに付いて、他人のために…してあげる、の意の謙譲語として用いる。…て差し上げる。 「身どもが伽をして-・せう/狂言・節分」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐まら・す

[動サ下二]《「おまいらす」の音変化》
与える、の意の謙譲語。差し上げる。
「布施半分もそなたへ―・せうぞ」〈虎清狂・泣尼
(補助動詞)…してあげる、の意の謙譲語。
「なるならばかなへて―・せう」〈虎明狂・枕物狂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐まら・す

〘他サ下二〙 (「御参らす」の変化した語) さしあげる、あげるの意の謙譲語
[一] 人に物を与える意の謙譲語。与える先方を敬っていう。さしあげる。あげる。
※虎明本狂言・薩摩守(室町末‐近世初)「茶の銭もさしおかふず、舟ちんもおまらせう」
[二] (動詞の連用形に助詞「て(で)」の付いた形に付いて) 補助動詞として用いる。人のために「してあげる」意の好意を示す謙譲語。(て)さしあげる。
※玉塵抄(1563)三四「ただ此一句をかいてをまらすると云たぞ」
[語誌](1)室町中期に謙譲語「参らす(る)」が使われたが、口語としてはその省略形で、やや敬意の劣る「まらする」が通行した〔ロドリゲス日本大文典〕。これはのち、謙譲の意を失い、丁寧の補助動詞として用いられるようになった。
(2)謙譲の語法は室町末期になって「お」を冠した本項が現われたが、同義語の「進ずる」よりも俗語的であった。
(3)江戸時代の初期には「おます」の形も現われたが中期以降はあまり用いられなくなった。→まらする
(4)「おまらせう」は「おまっせう」と促音化することがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android