コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣尼 ナキアマ

デジタル大辞泉の解説

なきあま【泣尼】

狂言。説法を頼まれたが、泣尼と異名をとる老尼を法事に雇い泣かせようとするが、法談の最中に居眠りをしてしまい、あげくに布施の取り分で僧と争う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なきあま【泣尼】

狂言の一。説教を依頼された住職が、すぐ感涙を催す老尼を雇って話の途中で泣かせようとするが、肝心なときに居眠りをされて失敗する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泣尼
なきあま

狂言の曲名。出家狂言。在所に住む男が、ある寺に故人追善のための説法を頼みにやってくる。ところが、この寺の住持(シテ)は説法がからっきしだめ。そこで一計を案じ、何にでもありがたがってすぐ泣く、泣尼と異名をとる老尼(尼の面を使用)を連れていき、説法の場を大いに盛り上げることにした。いざ説法を始めると、肝心の尼は居眠り、ついには横になって寝込んでしまう。ようよう説法を終えての帰り道、住持を待ち構えていた尼が、約束のお布施をくれとせがむが、住持は泣くべきときに泣かないで寝にきただけの者に分け前をやれるかと、突き倒して逃げていってしまう。空疎な説法、金銭への執着――宗教者を痛烈に風刺した一曲。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

泣尼の関連キーワード歓楽・懽楽・冠落狂言現行曲一覧目交じ・瞬おまらす御座有る御参る言切る其方様目交じ狂言飾る感涙説教物申千度住職全う

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泣尼の関連情報